メディア掲載情報などはFacebookでお知らせしております。
宮崎学Facebook

宮崎学である。

最近はフェイスブックで近況をちょっと書くくらいになってしまっていたが、これからはぼちぼち書いておこうかと思う。

 3月15日のGPS捜査に関する最高裁判決は興味深かった。  15日の段階で裁判所が判決全文を掲載しているのも、注目度の高さがわかるな。 裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

 各メディアも注目していたが、とりわけサンケイの報道「GPS捜査 最高裁の判断に疑義あり」は警察に感情移入しまくりで、なかなか読みごたえがあった(^.^) ちなみにサンケイのディオバン問題の記事もとてもおもろかったのだが、これについては後日書くことにする。

  最高裁判決に対するサンケイの主張は、はっきりしている。 「盗人のクルマにコッソリGPSをつけて何が悪い」「つけなければ捜査できない」ということである。これだけ読むと正論ぽいかもしれん。

  しかし、今回の最高裁判決は「コッソリつけたらアカン」「どうしてもつけたいなら、別個に法律を作れ」ということであった。なぜか。

  裁判上の論点は、「GPS捜査の是非」ではなく、「GPS捜査を行う場合の裁判所の客観的なチェックの必要性」だからだ。
 要するに裁判所は、警察が好き勝手にやることを許せないのだ。

 とはいえもともと裁判所の令状など「自動販売機」(のように簡単に出る)と揶揄されているのだから、今さらな気もしないではないが、最高裁はひとまずメンツというか「存在感」を示し、「強制捜査に当たり、裁判所の令状がなければ違法」としたのである。 これを受けて警察庁もすぐに動いており、GPS捜査の歯止めにはなりそうなので、これはこれでよかったのではないか、とは思う。

 報道によれば、被告とその関係者の車両がバイクも含めて19台も対象になっているというが、これはさすがにアカンということもある。 ラブホの駐車場など私有地にも入って取り付けていたようで、これは「犯罪を構成するような行為を伴わないこと」という警察庁の「GPS装置の設置のお約束」にも反している。つまり「窃盗犯とはいえ、やりすぎ」と言われてもしかたない。 裁判所にも「これをあちこちでやるのはさすがにまずい」という判断が働いたか。裁判官が15人もいて「全員一致」の判断だという。 というか「警察ごときが裁判所をなめんなよ」と思った気もするが、あくまでも気のせいである。

 それにしても、最近は元アナウンサーの窃盗事件など最高裁で無罪が確定することもたまにだが出てきているし、リベラルな発言やパンツ一丁の自撮り写真をネットで披露する裁判官まで出て来た。

 司法も少しずつ変化しているのかもしれん。 これについては、以前拙著「現代ヤクザの意気地と修羅場 現役任侠100人の本音」で対談した弁護士の岡田基志氏の指摘に注目してほしい。「日本は、司法だけではなく国全体がゆるくなっている」のだという。

 岡田氏は工藤會の組員の裁判で無罪判決をけっこう取っていることで知られる。国内の一審の有罪率が99%を超えている中で、工藤會の組員という「ワルモノ」の裁判で無罪を取れるのだからたいしたものだが、それも「裁判がゆるくなっている」こともあるのだという。 「以前は裁判官にも検察官にも『絶対にヤクザを無罪になどするものか!』という気迫があって、それがこちらにも伝わってきていました。でも、今はそういう感じがあまりないですね。なんと表現していいのか難しいのですが、『ゆるくなっている』としかいいようがありません。司法だけでなく、政治も行政も、日本全体がゆるんでいる中で、憲法に対する認識もゆるんでしまい、改定も進んでいるのではないでしょうか」

 世知辛いのもどうかと思うが、ゆるすぎるのも問題ということか。

 この続きは、今月末発売の『週刊実話ザ・タブー』で書くことにするから、ちゃんと買うて読むように。 今回はたまたま宣伝になってしまったが、あくまでもたまたま、である。


2017年3月18日 宮崎学

ごぶさたしております
おつかい係です
去年の7月以降更新がありませんでした。すみません。
今年はもう少し更新できるのではないかと親分とも話をしておりますヾ(´▽`;)ゝ

その間に今後のことを考えてサーバの移転を行いました。
現在このサイトはライブドアブログのサービスを利用して運営しています。
変わったことは、そんなにありませんが、移転に合わせてコメント欄を閉鎖しました。

その分というわけではないですが、メディア掲載情報などをFacebookで発信しています。
ぜひフォローをよろしくお願いします。

宮崎 学 Facebook


さて、今日の告知はまずはメディア掲載情報です。

今月1月末に発売の『実話ナックルズ』2017年3月号でトランプ政権と日本のヤクザ、2017年の社会などについてコメントをしています。

もうひとつ、お知らせです。

1月27日に「トランプ登場とアメリカの行方」と題して講演会と討論会を三上治さん等と行うことになりました。

以下、開催要項と三上さんからの案内文を掲載します。

「トランプの登場とアメリカの行方」

日時 1月27日(金) 午後6時~(開場6時)
場所 連合会館(神田駿河台3-2-11)201号 3253-1771
講師 宮崎学・白井聰・北岡和義・桂木行人・三上治(他に交渉中の人あり)
会費 資料代として1000円
主催 流砂編集委員会

「トランプの登場とアメリカの行方」 ご案内 (三上治)

 トランプのアメリカ大統領就任の日が近い。1月20日である。トランプの大統領選挙での勝利は予想外だったが、その評価というか、今後の予想は戸惑いがあってか歯切れが悪い。新聞ではトヨタ自動車のメキシコでの自動車工場建設がやり玉に挙げられたらしいことが伝えられていた。テレビでは日本の経済界の新年会で、このことについて質問が為され、その模様が映されていた。トヨタ自動車の首脳への質問と回答もあったが、歯切れは悪く、腰の引けた発言のような印象だった。株価だけはトランプ登場を歓迎してか、上昇中である。ただ、どこまで続くは分からないことが含まれてのことのようだ。


 トランプの登場はアメリカで進行する危機を僕らに告知したという意味で興味深い。ただ、トランプが何をめざしているのか、それが結果する方向はよくわからないということがある。それは彼の政治的な見識や政治的構想が伝えられる断言や発言からだけでは明確にしにくいということがあるからだ。彼の政治的な所業が僕らに大きな影響を持って出てくることは確かである。それは戦後のアメリカ大統領の中ではかつては存在しなかったようなものだと思われる。だから、彼の動静が興味を喚起していることも大きいと思える。これはというコメントなどは見当たらないこともあるが、僕らがトランプの登場と今後をどう見、考えているのかの講演+討議の会を企画した。僕もさしあたって考えていることを話したし、友人や諸氏の考えも聞いてみたい。雑誌『流砂』で特集をと思ったが、時間のこともあってまず、公開の集会を開くことにした。是非、話を聞いてみたいという人に声をかけているが、目下のところ下記のメンバーが確定している。もう少し、増えるかもしれない。講演や討論のやり方は検討中だ。興味のある人、俺も話したという人は参加を。

 

宮崎学である。

暑いので作業効率も下がりっぱなしであるが、

今週発売の週刊実話には

住吉会の使用者責任問題について書かせもらったので、組員はちゃんと買いなさい。

立ち読みは禁止する。

それから、「笑の内閣」の7月16日(土)13:00の公演に呼ばれた。

第23次笑の内閣『ただしヤクザを除く』

笑の内閣「ただしヤクザを除く」@東京

といってもワシが芝居をうつわけではなく、

アフタートークのゲストに呼んでいただいたのである。

組員は見に来なさい。

この脚本は、ワシのコンビニ裁判

福岡県相手に裁判起こした。

に影響を受けたということなので、興味深い。

2016年7月3日 宮崎学

宮崎学である。

正月休みはあまり本も読めなかったが、これから出る興味深い本をいくつかご紹介する。

道警元幹部の原田宏二さんの新刊がもうすぐ出るようだ。

警察捜査の正体

 

その部下だった稲葉さんの本は文庫化で再登場。

恥さらし

映画にもなるそうで、楽しみである。

映画『日本で一番悪い奴ら』 | 2016.6.25

 

なんと、女性の学者さんが拙著を引用してくださっていた。

都市と暴動の民衆史 東京・1905-1923年

オトコよりも、こういう女性の方が学問もジャーナリズムも期待できるな。国会はともかく。

 

ワシもいろいろ準備中だが、まだ時間がかかりそうである。



2016年1月14日 宮崎学

もう謹賀新年……でもないが、

御祝詞を申し上げる

年末年始も慌ただしかった。

今週発売の週刊実話にコメントをさせてもらった。

週刊実話 2016年1月28日号

ヤクザ業界もいろいろな動きがあるが、ネット社会の弊害というべきか、しょうもない噂も多いな。

冷静に行方を見守りたいものである。



映画『ヤクザと憲法』は連日立ち見が出るほどだそうで、本当によかった。

映画『ヤクザと憲法』公式サイト

ワシもコメントさせてもらっている。



あとは暮れにインタビューを受けた。

「容疑者M」宮崎学がすべて語ったグリコ・森永事件30年目の真実

あとは、何やったかな。
忘れたので、思い出したらまた書く。

ひとまず月刊日本

http://gekkan-nippon.com/

週刊実話ザ・タブー

http://www.nihonjournal.jp/web/taboo_82/index.html

は連載中である。

フェイスブックのほうがまだ更新早いが、実はやりかたがよくわかっていない。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006701948267


2016年1月14日 宮崎学

↑このページのトップヘ