2008年11月

エコノミストの門倉貴史君と対談した。ソープの取材もマジメにやる好青年であ
る(^^) サブプライム、リーマン・ショックなども網羅しているので、ちゃん
と買いなさい。28日に出る。
今週の週刊SPA!のインタビューも受けたで。

2008年11月27日 宮崎学




[caption id="attachment_443" align="alignnone" width="186" caption="大恐慌を生き残るアウトロー経済入門"]大恐慌を生き残るアウトロー経済入門[/caption]

[caption id="attachment_444" align="alignnone" width="215" caption="宮崎学×門倉貴史氏"]宮崎学×門倉貴史氏[/caption]

共著の門倉貴史氏のブログ
門倉貴史のBRICs経済研究所

『突破者』(上・下巻)が新潮文庫から発売になりました。
梁石日さんの解説もすばらしいです。
あと、『万年東一』も角川文庫から。こちらもぜひ(^^)
おつかい係 拝

[caption id="attachment_431" align="alignnone" width="240" caption="突破者 上巻―戦後史の陰を駆け抜けた50年"]突破者 上巻―戦後史の陰を駆け抜けた50年[/caption]

[caption id="attachment_432" align="alignnone" width="240" caption="突破者 下巻―戦後史の陰を駆け抜けた50年"]突破者 下巻―戦後史の陰を駆け抜けた50年[/caption]

[caption id="attachment_433" align="alignnone" width="240" caption="万年東一(上)"]万年東一(上)[/caption]

[caption id="attachment_434" align="alignnone" width="240" caption="万年東一(下)"]万年東一(下)[/caption]

宮崎学が帯の推薦文を書いた本がアスコムより出版されます。

「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」(別所諒)
~いまの2倍の給料で自分を雇わせる裏ワザ~
Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/4776205270/miyazakiman0e-22



●目次
第1章 サラリーマンが成功するために必要なこと
第2章 給料が上がらない11の理由
第3章 {「他人の力を借りて仕事をしよう」} ※LIBRO購入者限定の特別レポートでのみ提供
第4章 運を味方につけるサラリーマンになる方法

サラリーマンの年収の高低と能力にはあまり関係なく、単に高い給料を払ってくれる社長の下で働けば、誰でもどこにいても年収が上がるというのが著者の考えで、実際に著者は、年収470万円から1000万円以上になっています。

●なぜ、サラリーマンの年収と能力は関係ないのか?
●どんな会社、どんな経営者の下で働くといいのか?
●金払いのいい社長とは、どこで出会い、どうアプローチすればいいのか?
●会社を移って、さらに年収を上げるためにはどう行動すべきか?

などが書かれています。

LIBROで購入していただくと、LIBRO購入者限定の特別レポートと特別解説音声がプレゼントされるそうです。
詳細はこちらのキャンペーンサイト (http://www.1-jiyu.com/f1000/) をご覧ください。

↑このページのトップヘ