2009年01月

高橋玄監督の映画「ポチの告白」がいよいよ明日1月24日から上映されます(^^)
初日の舞台挨拶の詳細について新宿K's cinemaさまからご連絡いただきましたので、お知らせします。
新宿 K's cinema は 84 席定員制です。
舞台挨拶は、1回目 (11:00の回) の整理券をお持ちのお客様と、
2回目 (14:45の回) の整理券をお持ちのお客様がご覧いただけます。

整理券の配布は、当日 10:20 より

注)2回目の整理券をお持ちのお客様は、
1回目上映終了後のご入場 (1回目満席の場合舞台挨拶はお立ち見でのご観覧)
舞台挨拶終了後一度退出、2回目上映開始時間 (15:00 予定/本編より) の
10分前より再入場後ご着席での本編鑑賞となります。

舞台挨拶は 1 回目上映終了後 (14:15 頃よりの予定) となります。

K's cinema様のサイトはこちらからどうぞ。
ケイズシネマ / 新宿 映画館(シアター) (地図)

お得な組員限定クーポンはこちらからゲットしてください。

このクーポンをお持ちくださると、抽選で高橋監督直筆サイン入りの「ポチの告白」台本がプレゼントされます。
※組員でない方でもご利用になれます。

先日告知しました、阿佐ヶ谷LOFTAでの「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントの模様をお送りします。

[caption id="attachment_488" align="alignnone" width="300" caption="LOFTA「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントPart1"]LOFTA「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントPart1[/caption]

まずは、高橋玄監督、配給会社の細谷氏、頭脳警察のPanta氏が登場。

Panata氏は少年期の警察から受けた理不尽なエピソードを語られました。

こういう話は警察に関わったことのある方なら誰でもうなずける話なのではないでしょうか。

細谷氏は「靖国 YASUKUNI」の配給会社であるアルゴ・ピクチャーズの代表者で、「靖国 YASUKUNI」配給中止騒動の時のエピソードも交えた話をされ、愛知県警が映画館に圧力をかけてきたという衝撃情報も披露されました。

玄監督は、「警察にいい人なんかいない」点を強調、「ポチの告白」の特徴でもある、登場する警察関係者が皆ワルであることの理由を語られました。警察ものにありがちな「悪い警官を告発する正義の警官」という作品とは全く違うんですね。それがリアルであると。

いわゆる警察不祥事が報道されると必ず出てくるのが「いい警官もいる」説というのがありますが、これは幻想だと私も思います。そんなのは想像上の人物で、実在の人物ではないんですよね。

[caption id="attachment_489" align="alignnone" width="300" caption="LOFTA「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントPart2"]LOFTA「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントPart2[/caption]

第2部では寺澤有氏と宮崎親分が登場。

初手から親分の趣味である警察いじめ話が弾みます(^o^)

麻生内閣で官房副長官に警察官僚の漆間巌が就任した理由から、北海道県警と北海道新聞の民事訴訟に親分が補助参加人として関わった経緯など、親分のライフワークをおおいに語られました。

とまあ、そんな具合の映画なので、いつまで上映されるのかとても不安です(^^;

なので、組員のみなさんはぜひとも上映しているうちに映画館に行かれることをおすすめします(^o^)

とてもお得な組員限定クーポンはこちらからゲットしてください。



組員でない方でもご利用になれます。

週刊プレイボーイの今週号に特集ページが掲載されています。こちらも書店でどうぞ。

[caption id="attachment_490" align="alignnone" width="300" caption="週刊プレイボーイ"]週刊プレイボーイ[/caption]

1/19 発売の週刊プレイボーイ(2/2号)に掲載
http://wpb.shueisha.co.jp/

2009年1月24日 警察映画の超大作『ポチの告白』公開記念座談会
宮崎学(作家)×高橋玄(監督)×寺澤有(ジャーナリスト)
「現実の警官のほうが映画より
ホントはもっとヒドイんだよ」

>1月24日、衝撃的な映画が公開される。
>警察の内実をとことんリアルに描き出した『ポチの告白』。
>その内容の過激さ…というか、登場する警察官・警察組織のあまりの腐敗ぶりは、
>反警察マスコミの急先鋒・週プレさえも「マジ?」と目を疑うほど…。ということで、この映画の監督・
>高橋玄氏、原案に協力したジャーナリストの寺澤有氏、そして裁判官役で出演する作家の宮崎学氏に、
>この作品がいかにリアルに実際の警察の姿を描いているか、赤裸々に解説してもらった!

・「警察は正義」という国民の常識にクサビを入れる映画
・押収したシャブを市場に“還流”させる警察の犯罪
・有名人宅を勝手に訪問しても許されると勘違いする交番警察官
・裁判官を恫喝し、意のままに操って不祥事を隠蔽する

1月19日に「ポチの告白」ロードショー直前トークイベントが開催されます。

場所はおなじみ阿佐ヶ谷ロフトAで、もちろん高橋玄監督も親分も参加されますよ。

みなさまのご参加をお待ちしております。もちろん警察関係者の方も大歓迎ですので、差し入れ持っていらしてくださいねえ(^o^)



・イベント実施要項

Asagaya / Loft A

1/19(月) OPEN 18:30 / START 19:30
予約¥1300/当日¥1500(共に飲食代別)
予約は阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)にて電話、WEB受付中


不祥事ではない、これは犯罪だ!
知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』
【出演】
PANTA(頭脳警察)
宮崎学(作家)
寺澤有(警察問題ジャーナリスト)
高橋玄(映画「ポチの告白」監督)
ほか


なお、ロードショー初日に舞台挨拶があります。

こちらも親分ノリノリで参加の予定ですので、組員のみなさま、それ以外のみなさまのご参加ふるってお待ちしております。

■新宿K's cinema初日舞台挨拶
1/24(土)11:00の回上映終了後舞台挨拶


とてもお得な組員限定クーポンはこちらからゲットしてください。



組員でない方でもご利用になれます。

さらに、1月31日には高橋監督と宮崎親分の対談が予定されています。

場所は公開中のK’sCinemaにて、最終回上映後の21:45~22:30にお客さんを交えてのQ&Aトークなどもあるそうです。

こちらもぜひご参加ください。

↑このページのトップヘ