2011年10月

10月27日、「違法な風俗店の広告」を掲載したとして広告代理店社長が逮捕され、日刊ゲンダイ本社に家宅捜索が入った。ガサ入れの様子は大々的に報道されたので、見た人も多いと思う。
当日にテレビカメラが入るということは、事前に記者クラブにブリーフィングがあったということだ。同じメディア業界の者たちが特定のメディアにダメージを与えるような報道をすることに私は強い違和感を覚えた。それと同時に、この種の報道をした「記者たち」が「ざまあみろ」と感じたかどうか、問うてみたいと思った。
なぜこのような事態になったのか。事件について自分なりに「推認」してみたい。まず、石川知裕議員の有罪判決で有名になった「推認」なる言葉は、デジタル大辞泉には
すい‐にん【推認】 [名](スル)これまでにわかっている事柄などから推し量って、事実はこうであろうと認めること。「密約文書が保存されていると―する」

とあるが、言葉としては普段は使われない。
法律学小辞典(有斐閣)には「推定」はあるが、「推認」は載っていないのだが、法律関係者によると、「推認」とは「裁判官用語」とのことである。裁判官や法廷に出る弁護士、検察官が好んで使う用語であって、日本語としてはなじみが薄いのである。
前置きが長くなったが、今回の家宅捜索を私が「推認」すると、二つの「男の嫉妬」が見え隠れする。
まず、一つめ。この出版不況にあっても日刊ゲンダイは発売部数を伸ばして健闘してきた。部数がそこそこいいことに対するメディア特に新聞業界のジェラシーがある。特に日刊ゲンダイは、他紙と違って「反小沢」ではない。小沢叩き一色の業界の中で横並び報道を排した冷静な報道をしてきた稀有な存在だ。だから部数も伸びていたのだと「推認」できる。多様な意見を取り上げるのがメディアの役割であるのに、人気が出ると異端視して排除したがるのが既存メディアなのである。
そして、二つめのジェラシー。昨今の暴力団排除で目立っている警視庁のマル暴こと組対(組織犯罪対策部)4課に対する生安(生活安全部)のジェラシーである。
もともとヤクザ相手の組対4課とは、警視庁の中でもバカにされていたと「推認」される部署なのだが、最近は条例だ法改定だと、ちょっと雰囲気が違ってきた。そこで、エロの取締まりなどを担当する生安が「マル暴だけが目立ちやがって。俺たちもいっちょ行っとくか」と存在感を示したかったと「推認」している。
「警視庁は今回の事件を受け、日本新聞協会など7団体に対し、違法広告を掲載しないよう確認の徹底を要請していて、今後、取り締まりをいっそう強化する方針です」とTBSが報道していたが、「ヤクザの次はエロで行くぜ」と強硬策に出たのだと「推認」している。
これにより、他のメディアもエロに対して委縮するはずだ。こうした状況は、私のコンビニ訴訟で実話誌の腰が引けていたことからも「推認」できる。今後は記者クラブのあり方を含め、いろんな議論をしなくてはならない。
今回の件も事件としては大きくないが、根深い問題がある。

「推認」と「特定」


さて、「推認」についてもう少し考えてみよう。
来年の国会で成立が予定されている暴対法の「改正」では、「実行犯が特定されない段階でも、脅迫電話などの捜査から攻撃した組がほぼ特定されれば、規制に踏み切る」(10月13日付け読売新聞電子版)としている。状況証拠で何でもアリにするという話で、各紙がほぼ同様の報道をしている。
つまり、これも「推認」だ。確たる証拠がなくても、周囲の事情を見て、脈絡から「特定」する。非常に恐ろしい、恣意的な判断である。
石川判決でも明らかなように、「推認」は、刑事裁判の大原則である「疑わしきは被告人の利益に」をまったく無視しているのだが、それがどんどん拡大する傾向にある。
ちょっと話はそれるが、かつて社会主義国の法律を研究する「社会主義国法」というのがあった。学生時代にその権威であるF教授の講義をこっそり聞きに行ったことがある(登録してなかったからな^^;)。
教授によると、「推認」や「みなし」という言葉を最も頻繁に使ったのは旧ソ連など社会主義国家であったという。国家に不都合な「違法行為」を取り締まるために、いろいろと拡大解釈して、たくさんの人をシベリア送りにした。
いわゆる「革命的適法性」である。革命の為なら何をしてもいいというもので、極めてザツな、法とは言えない法の適用であった。
現在の「推認」は、まさに同じではないか。
個人の自由が、暴力団排除という極めてわかりやすいロジックで狭められているのだ。
そもそも自由(freedom)については、さまざまな形で弾圧を受けてきた左翼が最も大切にしなくてはならない概念である。
しかし、ことヤクザに関しては何の反応もないどころか「ヤクザなど弾圧されて当然」という態度である。結局、基本的人権だとか自由とか言っている左翼言論には「ただしヤクザを除く」という但し書きがついているのだ。
「私は君の言うことに賛成しないが、君がそれを言う権利は死んでも守るつもりだ(S・G・タレンタイア『ヴォルテールの友人』より)
そんな言葉は、もう死語となってしまったのだろうか。


2011年10月30日 宮崎学

月刊日本×ばいぶん社共同企画 

徹底討論 ナショナリズムと暴力を考える

10月1日に東京都と沖縄が暴力団排除条例を施行し、全国の都道府県で暴排条例が出そろった。来春には暴対法の改定も予定されており、警察主導による「暴力団」排除は急速に進行している。暴排条例は「暴力団員」だけではなく一般人への罰則も規定しており、その影響も懸念される。
 こうした動きはファシズム国家への一里塚なのか。

東京地検特捜部に逮捕され、取り調べの際に「小沢との関係は暴力団と同じだ」などと言われた石川知裕衆議院議員、近著『ナショナリズムは悪なのか』(NHK出版)が話題の哲学者・萱野稔人氏、アウトローに詳しい作家の宮崎氏が、ナショナリズムと暴力について議論する。

【日時】11月13日(日)13:00~15:00(開場12:30~)

【場所】ハロー貸会議室 新宿曙橋

【パネリスト】※敬称略
石川知裕(衆議院議員)
萱野稔人(哲学者)
宮崎学(作家)
※パネリストは変更になることがあります。

【入場料】1000円

【イベント詳細】
11/13(日) 徹底討論 ナショナリズムと暴力を考える - ばいぶん社からのお知らせ
http://baibunsya.net/blog/2011/10/1113-1.html

■放送概要
日時 11月2日(水)21時~22時 生放送
放送URL ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv68882554

■出演者(敬称略)
宮崎学(作家)
須田慎一郎(経済ジャーナリスト)
小口絵理子(アナウンサー)
大谷広太(BLOGOS編集長)

■【11月2日放送決定】ニコ生×BLOGOS 第3回 「芸能界・角界に食い込む893の実情」 - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス)
http://news.livedoor.com/article/detail/5973942/

> 10月1日、暴力団排除条例が東京・沖縄で施行され、全都道府県に条例が制定された。
> それに先駆けて、「暴力団と付き合いがあった」という理由から、芸能界の大御所が
> 引退会見をしたのは記憶に新しい。
>
> 暴力団排除条例によって、ヤクザはどうなるのか。そもそも指定暴力団とは何か、
> 芸能界、角界は癒着を断ち切ることができるのか。
>
> 演歌とヤクザ、相撲とヤクザ、格闘技とヤクザ・・・
> マスコミが伝えない、各業界と暴力団の関係を、父が京都のヤクザの組長で、裏社会に
> 精通する作家の宮崎学氏と、暴力団に詳しく、自らも「オジキ」と呼ばれるジャーナリスト、
> 須田慎一郎が生放送で全てを明らかにします。
>
> 11月2日水曜日 21時からのニコ生×BLOGOS お見逃しなく!

宮崎学である。

詩人であり作家である辻井喬さんとの対談を毎日新聞社から出す。10月21日発売であ
る。

世界を語る言葉を求めて


今までいろんな対談をやらせてもらったが、本書は特にいいできと思う。装丁も気に
入っている。

組員は必ず買って読みなさい。

もひとつ。

絞首刑は残虐な刑罰ではないのか?  新聞と法医学が語る真実

これは数ある死刑本の中でも出色である。

特に幸徳秋水についてのくだりがおもしろかった。これもちゃんと買いなさい。

2011年10月18日 宮崎学

おつかい係です。
10月12日(水)22:00〜22:55、親分がBS11デジタルに出演します。
テーマは「一掃できるか? 暴力団排除条例」
司会は週刊朝日元編集長の山口一臣さんと毎日新聞専門編集委員の金子秀敏さんです。今から張り切ってます(^^;

番組情報 INsideOUT 「一掃できるか?暴力団排除条例」

↑このページのトップヘ