2012年01月

宮崎学である。
先日の共同声明

は意外なほど各方面に波紋を呼んだようだ。
いろんな方から励ましの電話やメールをいただいたが、中でも盟友・設楽清嗣は、支持表明を文書で出してくれた。

設楽は以前に一緒に本も出したりしており、古い付き合いであるので、全文を紹介しておく(^^)

共著はこれ↓
敗者復活! リストラ社員の大逆襲

2012年1月29日 宮崎学







「暴力団排除条例」の廃止を求め、「暴対法改定」に反対する表現者の共同声明を支持します。

東京管理職ユニオン
執行委員長 設楽清嗣


暴力団が悪いからといって、社会から排除するというのは、人間のあり方として許されないことです。
私達の社会が「正義」の名のもとに、その「正義」に合わない人々を社会から排除するのであれば、その「正義」のあり方だけの社会となり、その「正義」のあり方の誤りに気付かないばかりか、その「正義」のあり方を変えることもできないこととなってしまいます。
例えば第2次世界大戦以前の日本・ドイツにおいて横行した、あの軍国主義の「正義」。そしてそこに向かう過程で、警察権力の抑圧とその執行――治安維持法・治安警察法――「反社会的団体を規制する」と称して、警察権力がその規制の対象を拡大解釈していった陰惨な歴史を、思い起こさざるを得ません。
今、日本の警察が暴力団に向けて振るう権力の鞭が、近い将来に市民・労働者に向けられることとなるのは、容易に想像がつきます。
暴力団的なものは、どのような人間の社会においても少なからず生み出されてきました。それを法律で裁くこと、その裁く力を警察権力に委ねること、そのようなありかたが逆に市民社会の中に形成されるべき本当の≪人間力≫を奪い去り、≪無菌クリーンルーム≫のような社会となってしまうでしょう。
市民間のトラブルに暴力団的なものを介在させて良いはずはありませんが、市民間トラブルに対策するためには、市民同士、人間同士がトラブル対策に強くなる力を、もっと強くしなやかに、そしてしたたかに作っていくことこそが必要なのではないでしょうか。
市民間のトラブルをすぐ法律や警察権力に委ねていくことでは、暴力団的なものを、警察権力的なものに置き換えたにすぎません。
暴力団的なものは、私達の社会の弱さの負の局面を象徴していると思います。そしてその暴力団やその構成員といえども、私達の社会の一員であり、私達の弱さの反映であります。
今、日本の社会は急速に変わりつつあります。
1915年以降、昭和初期の頃と同じような、とても危険な徴候が見えてきています。正に、警察権力の強大化への道です。
戦後日本の企業社会・市民社会が、暴力団的なものに依存しながら大きくなってきたことの弊害を排斥するあまり、暴力団的なものに代わって警察権力的なものが横行してきました。いま、日本の各企業と業界には警察OB が大量に入り込んでいます。今回の条例と法改正は、正にそのことをさらに拡大するものです。
私達東京管理職ユニオンという労働組合は、かつて、2001年5月11日に警視庁公安二課によって、全くいわれのない容疑で42名の私服警官による不当な捜査を受けました。この不当捜査は何を目的に実施されたのか全く不明なものでした。逮捕も起訴もなく、捜査だけがなされ、膨大な資料と情報を警察は確保して終わりました。その後、新聞記者たちの意見の中で、警察が過剰に当労組を「敵視」し、「情報収集」したがっていたことが分かりました。
又、私達東京管理職ユニオンに対して、1995年当時、日経連が月刊「経営者」という自ら発行の雑誌で「暴力団的・ヤクザ的傾向がある」と評論したことがあります。日経連及び一部の経営者たちは私達をそのように見ていたのかと唖然としました。
今日でも、否今日だからこそ、私達の労働組合活動に、戦前のような「反社会的団体」としての評価を下し、今回の法律・条例のような対象とすることは、明白に読み取れます。暴力団に加えられた行き過ぎのこの抑圧は、同時に私達にも加えられてくる抑圧だと思います。
皆様の意見表明を支持するとともに、私の見解をここに表明いたします。

2012年1月27日

おつかい係です。
1月24日の<「暴力団排除条例」の廃止を求め、「暴対法改定」に反対する表現者の共同声明>記者会見の影像がビデオニュース・ドットコムで公開されています。
ニコ生でご覧になれなかった方はどうぞ。
ビデオニュース・ドットコム
ビデオ直接リンク

こちらもどうぞ。
有料だけどおもしろいです。
暴力団を社会から完全に排除することの意味を考えてみた

おつかい係です。
先日1月24日の「暴力団排除条例」の廃止を求め、「暴対法改定」に反対する表現者の共同声明の賛同者でもある田原総一朗氏の寄稿文が日経のサイトで公開されました。
ぜひお読みください。
暴力団排除条例とFBIに君臨したフーバー| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

Joint Statement
Seeking Abolition Of “Organized Crime Exclusion Ordinances”
And
Protesting Against Revision To Anti-Boryokudan Law


On October 1st in 2011, the Organized Crime Exclusion Ordinances intended to hobble mobsters came into force in Tokyo and Okinawa. Every other prefecture has had their versions of anti-mob regulations in place for some time. All of the undersigned individuals feel ashamed and guilty of having been unable to come out against the enforcement of these by-laws.
As a matter of course, we are not at all against a safe society; however, while enshrining such a “safe society” into law, the “gang exclusion ordinances” are currently being used as a tool for those in power to draw a line among the citizens and squeeze particular groups of people out of life. Such discriminative regulations pose a significant threat to the people’s right to life on an equal standing under the law.
Meanwhile, the Anti-Boryokudan Law (Law Concerning Prevention of Unjust Act by Boryokudan) is one that was drafted by career bureaucrats at the National Police Agency who did not take a blind bit of notice of the sad fact that some people in our society have no other choice but to come down and join yakuza.
A further danger to those of us, who engage in expressing themselves, is that free expression will be seriously hampered as a result of a drive for thorough enforcement of these exclusionary rules.
Since enforcement began, there have already been reports on incidents involving violation of freedom of expression, including moves to shut out books, magazines, films, etc. dealing with yakuza from stores and theaters under the instigation of local police, who quite arbitrarily enforce their municipal ordinances. With the slogan of “exclusion of antisocial forces” or “elimination of mobsters,” self-imposed control is gradually taking root in a number of industries including financial services, construction, port transport, publishing, and film. We are now in danger of getting caught in the rat race of anxiety inviting in more anxiety.
However, it is not too late…yet. We, the undersigned, strongly demand that the Organized Crime Exclusion Ordinances should be all scrapped.
In the face of this course of unconstitutional events, we also need to look to the moves being planned for the beginning of the New Year by some forces calling for a revision to the Anti-Boryokudan Law for the worse.
A group comprising some heads of local governments, including Governor of Fukuoka Prefecture, has previously called on the Ministry of Justice to alter the anti-mobster law, in response to which the National Police Agency has swiftly set up a panel of well-informed people to prepare for the proposed revision of the law. The topics being discussed on the panel include a relaxing of various requirements for law enforcement to comply with under existing law, and a widening of the scope of objects of the regulation.
In fact, it was reported toward the end of 2011 that the head of Fukuoka Prefecture and some other key municipal personalities met with the Minister of Justice to urge the easing of regulations under the law authorizing wiretaps in investigations involving organized crime, and the introduction of undercover investigation and plea-bargaining.
Our concern over the current trend is that if we should ever permit said legal revision for the worse, the basic civil liberties of the people, such as freedoms of press, expression, communication and association, would be at stake, even more so than now. Tolerance to the existence of yakuza may be a good measure of a civilized society. It is often said, ironically, that there is no room for mobster in North Korea.
What seems to be taking place and taking shape in our country in this regard foreshadows a resurgence of the infamous pre-war “Peace Preservation Law” and is reminiscent of the brutish regime of the repressive states like ex-East Germany.
Given that the era of repression had begun with the “Red witch hunting” in pre-war Japan, the existing laws and regulations originally aimed at imposing restrictions on the activities of “mobsters” could end up being used as a device to police all of the people. We will remain on high alert for any signs of such a move, and stand against oppression of individuals’ rights and freedoms.
Those who engage in expressing themselves would have no place in this country unless they had the right to enjoy free expression. Therefore, we state our position herein that we demand the abolition of the Organized Crime Exclusion Ordinances which negate our raison d’etre for being a writer, artist, performer or even an individual expressing his or her thoughts, and which represent the “death of freedom,” and that we are strictly against the proposed revision to the Anti-Boryokudan Law.

January24, 2012

Joint Statement Seeking Abolition Of “Organized Crime Exclusion Ordinances”And Protesting Against Revision To Anti-Boryokudan Law(PDF)

おつかい係です。
今日の記者会見に関しての告知事項お知らせします。

【『暴力団排除条例』の廃止を求め、暴対法の改悪に反対する表現者の会】の特設ページができました。
『暴力団排除条例』の廃止を求め、暴対法の改悪に反対する表現者の会

記者会見を報じた記事へのリンクです。
暴排条例に田原氏らが反対声明 「過剰な正義感は危険」 - 47NEWS(よんななニュース)
暴対法、暴排条例は「自由の死」 作家・宮崎学らが反対声明 | ニコニコニュース
「マスコミは警察の味方」と激怒、田原総一朗氏ら暴排条例廃止を求めて会見(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス)
暴排条例:廃止求め田原さんらが共同声明 - 毎日jp(毎日新聞)
暴廃条例廃止求め声明 - MSN産経ニュース
暴力団排除条例とFBIに君臨したフーバー| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
Manabu Miyazaki among those opposing anti-yakuza legislation | The Tokyo Reporter"(2012/2/7追加)

 

それから、2月18日に同様の趣旨のイベントを計画しておりますが、親分が出演すること以外は全て未定です^^;決まり次第またお知らせします。

↑このページのトップヘ