カテゴリ: 警察

宮崎学である。

最近はフェイスブックで近況をちょっと書くくらいになってしまっていたが、これからはぼちぼち書いておこうかと思う。

 3月15日のGPS捜査に関する最高裁判決は興味深かった。  15日の段階で裁判所が判決全文を掲載しているのも、注目度の高さがわかるな。 裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

 各メディアも注目していたが、とりわけサンケイの報道「GPS捜査 最高裁の判断に疑義あり」は警察に感情移入しまくりで、なかなか読みごたえがあった(^.^) ちなみにサンケイのディオバン問題の記事もとてもおもろかったのだが、これについては後日書くことにする。

  最高裁判決に対するサンケイの主張は、はっきりしている。 「盗人のクルマにコッソリGPSをつけて何が悪い」「つけなければ捜査できない」ということである。これだけ読むと正論ぽいかもしれん。

  しかし、今回の最高裁判決は「コッソリつけたらアカン」「どうしてもつけたいなら、別個に法律を作れ」ということであった。なぜか。

  裁判上の論点は、「GPS捜査の是非」ではなく、「GPS捜査を行う場合の裁判所の客観的なチェックの必要性」だからだ。
 要するに裁判所は、警察が好き勝手にやることを許せないのだ。

 とはいえもともと裁判所の令状など「自動販売機」(のように簡単に出る)と揶揄されているのだから、今さらな気もしないではないが、最高裁はひとまずメンツというか「存在感」を示し、「強制捜査に当たり、裁判所の令状がなければ違法」としたのである。 これを受けて警察庁もすぐに動いており、GPS捜査の歯止めにはなりそうなので、これはこれでよかったのではないか、とは思う。

 報道によれば、被告とその関係者の車両がバイクも含めて19台も対象になっているというが、これはさすがにアカンということもある。 ラブホの駐車場など私有地にも入って取り付けていたようで、これは「犯罪を構成するような行為を伴わないこと」という警察庁の「GPS装置の設置のお約束」にも反している。つまり「窃盗犯とはいえ、やりすぎ」と言われてもしかたない。 裁判所にも「これをあちこちでやるのはさすがにまずい」という判断が働いたか。裁判官が15人もいて「全員一致」の判断だという。 というか「警察ごときが裁判所をなめんなよ」と思った気もするが、あくまでも気のせいである。

 それにしても、最近は元アナウンサーの窃盗事件など最高裁で無罪が確定することもたまにだが出てきているし、リベラルな発言やパンツ一丁の自撮り写真をネットで披露する裁判官まで出て来た。

 司法も少しずつ変化しているのかもしれん。 これについては、以前拙著「現代ヤクザの意気地と修羅場 現役任侠100人の本音」で対談した弁護士の岡田基志氏の指摘に注目してほしい。「日本は、司法だけではなく国全体がゆるくなっている」のだという。

 岡田氏は工藤會の組員の裁判で無罪判決をけっこう取っていることで知られる。国内の一審の有罪率が99%を超えている中で、工藤會の組員という「ワルモノ」の裁判で無罪を取れるのだからたいしたものだが、それも「裁判がゆるくなっている」こともあるのだという。 「以前は裁判官にも検察官にも『絶対にヤクザを無罪になどするものか!』という気迫があって、それがこちらにも伝わってきていました。でも、今はそういう感じがあまりないですね。なんと表現していいのか難しいのですが、『ゆるくなっている』としかいいようがありません。司法だけでなく、政治も行政も、日本全体がゆるんでいる中で、憲法に対する認識もゆるんでしまい、改定も進んでいるのではないでしょうか」

 世知辛いのもどうかと思うが、ゆるすぎるのも問題ということか。

 この続きは、今月末発売の『週刊実話ザ・タブー』で書くことにするから、ちゃんと買うて読むように。 今回はたまたま宣伝になってしまったが、あくまでもたまたま、である。


2017年3月18日 宮崎学

宮崎学である。
「イタいニュース」というのは、こういうことを言うのであろう。
中嶋幸紀・小倉北署地域1課到津交番勤務の巡査長が8歳の女の子のスカートの中を盗撮しようとして、女の子のお父さんに見つかって現行犯逮捕である。
警官、小学生のスカート内を盗撮容疑 福岡県警逮捕 2013年1月27日5時32分 朝日新聞
小学生の女児のスカートの中を盗撮したとして、福岡県警は26日、小倉北署地域1課到津交番勤務の巡査長、中嶋幸紀容疑者(27)=北九州市小倉北区青葉2丁目=を県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

発表によると、中嶋容疑者は26日午後6時20分ごろ、同区朝日ケ丘のレンタルCD店で、同市八幡東区の小学生の女児(8)の両足の間に、カメラのレンズを仕込んだ靴をはいた右足を入れ、スカートの中の映像を撮った疑い。中嶋容疑者は26日は公休だった。「間違いありません」と容疑を認めているという。

一緒にいた女児の父親(35)が様子に気づき、中嶋容疑者に「何をしているんだ」と声をかけたところ、立ち去ろうとしたため、後を追って取り押さえ、店員の110番で駆けつけた小倉北署員に引き渡した。

県警の高木正浩首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。被害者と家族、県民の皆様に深くおわびし、厳正に対処する」とのコメントを出した。

福岡県警とりわけ小倉北署と南署は、わいせつの人材だけは豊富なようだ。暴力団排除の前にわいせつ犯排除をしなさい。

福岡県警の元警察官 女子児童へのわいせつ行為などで実刑判決 - YouTube
これは南署の巡査部長である。
わいせつ元警官実刑 福岡地裁判決 2011.01.31 西部夕刊 9頁 (全531字) 読売
強制わいせつ罪などに問われた元福岡県警巡査部長、住吉英二被告(32)(福岡市東区)の判決が31日、福岡地裁であった。松下潔裁判官は「性的欲求を満たすための身勝手な犯行」として、同罪について懲役1年2月(求刑・懲役2年)、県迷惑行為防止条例違反と住居侵入罪について懲役8月(求刑・懲役1年2月)の実刑判決をそれぞれ言い渡した。

判決によると、住吉被告は昨年7月6日、福岡市東区の路上で小学生女児(当時9歳)の体を無理やり触った。8月10日には同市中央区・天神の書店で手鏡を使って女子大学生(当時20歳)のスカートの中をのぞき、10月1日には同市東区のアパートのベランダに、干していた下着を見る目的で侵入した。

住吉被告は昨年3月、北九州市内の女子高生に対する強制わいせつ容疑などで逮捕された。4月に懲戒免職になり、7月に懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が確定。8月に福岡市中央区の書店の事件で現行犯逮捕され、余罪が発覚した。
今回の強制わいせつ事件と、他の住居侵入事件などとの間に確定判決があるため、刑法の規定で併合罪が適用されず、求刑、判決とも別々に出された。住吉被告の弁護人によると、確定判決の執行猶予が取り消されると、懲役期間は最長で3年10月となる可能性がある。

以前は、「ヘンタイもいる明るい社会」を提唱していたワシではあるが、こうも福岡県警がやってくれては、認識を改めなくてはならないかもしれん。

2013年1月28日 宮崎学

宮崎学である。



 先日、西日本新聞からインタビューを受けた。7日付けで掲載されたが、同じ日に警察不祥事と予算アップを載せるとはなかなかシャレがきいておるので、掲載から1週間経っていないところであるが、あげておく。


 2012年9月12日 宮崎学







おつかい係です。
先日行われた参院議員会館での「暴排条例と暴対法改定に異議あり 5.31 院内集会」のビデオをばいぶん社さまにお手伝いいただきアップしました。
どうぞごらんください。
YouTubeとニコニコ動画にアップしています。お好みのほうでどうぞ。ちなみにYouTubeのほうは出演者のお顔が青いです^^;ビデオ編集には明るくないためどうすれば青くならないのかわかりません。なのでそのままアップしております。
ニコニコのほうは青くないです。
暴排条例と暴対法改定に異議あり12.5.31集会 - YouTube

暴排条例と暴対法改定に異議あり 5.31 院内集会 ‐ ニコニコ動画(原宿)(会員登録が必要です)

↑このページのトップヘ