カテゴリ: フォーラム神保町

おつかい係です。
ただいま『白狼伝』刊行記念トークショー&サイン会 を市川市コルトンホールで開催中です。

『白狼伝』刊行記念トークショー&サイン会 「反逆の作法」若松孝二×宮崎学 @福家書店市川店
ニコニコ生放送で放送中です(^_^)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv28943280

おつかい係です。

『白狼伝』の刊行を記念しまして、著者の宮崎学親分と映画監督の若松孝二さんとでトークショーを行います。

詳細は福家書店市川店イベント案内をご覧ください。

宮崎学『白狼伝』刊行記念トークショー&サイン会 「反逆の作法」若松孝二×宮崎学
開催日時:2010年10月12日 (火) 18:30〜
商品タイトル:毎日新聞社刊 「白狼伝」(税込1,890円)
http://www.fukuya-shoten.jp/event/#3237

なお、トークショーに参加するには事前の申し込みが必要です。
福家書店市川店の店頭にてお申し込みいただくか、フォーラム神保町のサイトよりお申し込みください。
フォーラム神保町

著者サイン会:「白狼伝」出版記念 宮崎さんが市川の福家書店で--12日 /千葉 - 毎日jp(毎日新聞)

おつかい係です。

親分も発起人の一人として関わっているフォーラム神保町の若頭補佐様から北海道イベントについてご連絡いただきましたので、こちらでもご紹介します。
なんと小樽・札幌・北見と北海道をぐるっとまわる5日連続のイベントですよ〜

詳細はフォーラム神保町のサイトでどうぞ。

※7月30日追記
8月12日第三弾に郷原信郎氏と原田宏二氏の参加が決定しました。


vol.113
8月14日(金)
18:30〜20:30

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった〜第5弾
「小泉・武部時代の終焉」
■講師  魚住昭/佐藤優/宮崎学/香山リカ/平野貞夫
■主催  フォーラム神保町/現代深層研究会
■会場  北見市市民会館小ホール(北海道北見市常盤町2丁目1番10号)

vol.112
8月13日(木)
18:30〜20:30

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった〜第4弾
「従属と密約外交を超える日。官僚から政治を取り戻す日。」
■講師  魚住昭/佐藤優/香山リカ/山口二郎
■主催  フォーラム神保町/フォーラム時計台
■会場  共催ホール(北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地/札幌駅前)

vol.111
8月12日(水)
18:30〜20:30

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった〜第3弾
「生きるために、まず、政治を変える!」
■講師  魚住昭/佐藤優/郷原信郎/原田宏二/山口二郎
■主催  フォーラム神保町/フォーラム時計台
■会場  共催ホール(北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地/札幌駅前)

vol.110
8月11日(火)
18:30〜20:30

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった〜第2弾
「『政権交代』というドラマが始まる。主役はあなただ!」
■講師  魚住昭/佐藤優/東郷和彦/平野貞夫/山口二郎
■主催  フォーラム神保町/フォーラム時計台
■会場  共催ホール(北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地/札幌駅前)

vol.109
8月10日(月)
18:30〜20:30

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった〜第1弾
「『蟹工船』に何を見るか!?」
■講師   魚住昭/佐藤優/宮崎学/東郷和彦
■主催   フォーラム神保町
■会場   グランドパーク小樽「樹海」5階(北海道小樽市築港11-3)

北海道縦断/連続シンポジウム〜CHANGEは北海道から始まった

小泉純一郎が「郵政民営化」を花道に退いた後、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と続いた自・公連立政権は、小泉構造改革の「負の側面」があらわになるに連れて次第にその意志は消極的になり、それはやがて修正から否定へと移って行った。

しかしその結果、ますます国民国家の枠は強化され、従って官僚の力を質的に強める方向を伴っていたと言える。

構造改革による格差の拡大や新しい貧困の拡大に対して是正を求める国民の声は、2008年(平成20年)に起こった世界金融恐慌による深刻な不況を打開する要求とあいまって、国家による対策の強化を求める方向に向かった。

かつても今も、野党や労働組合などの既成社会団体は、方向としてはやはり同じ方向へとリードしている。

それが政府が行おうとしている対策とは違う内容を含んではいても、やはり、問題を国民国家と全体社会に上げてしまって、そこを解決の場としようとする方向性は同じなのである。

確かに日本の近代化は、国民国家への結集、国民経済への統括は非常にうまくいき、その効果がまれに見る高いパフォーマンスを生み出したことは事実だ。

ところが、1990年代からのグローバリゼーションの進展によって、資本が国境を越えて動き回り、国家の枠の中に閉じこもらない方が良策と見なされた。

しかし、それにより国民国家と国民経済への凝集力はかつてのようなプラスの効果を失い、むしろマイナス面をもたらすものにすらなっていくようになった。

ところが、かつての高いパフォーマンスが忘れられず、また国家主義にしか保守の立脚点を求められない歴代政権は、結局のところ、国民国家、国民経済への凝集を追い求める方向に固執したのである。

田中政治と1940年体制を解体することを目指して「構造改革」を進めたとされる小泉政権にしても、結局、その裏ではむしろ、官僚政治を復活させ、官僚の支配力を強めることになった。

・・・いよいよ新しい時代の幕開けである。そして、私たちはその目撃者となる。

2005年の小泉・武部が仕掛けた「構造改革」の真実は何だったのか。

今こそ、その真相を検証し多いに議論したい。

CHANGEが始まったこの北海道の大地で。

おつかい係です。

昨晩フォーラム神保町でイベントをやることが急遽決まりましたのでお知らせします。
7月10日(金)  14:00〜15:30
NEW!!「フォーラム神保町 in 根室  緊急集会!!」
■講師 鈴木宗男(衆議院議員/新党大地代表)
宮崎 学
佐藤 優
魚住 昭
■主催 フォーラム神保町
■会場 根室商工会館(根室商工会議所内/根室市松ヶ枝町2-7 電話0153-24-2062)

北海道在住の組員の方はぜひご参加ください。

フォーラム神保町のサイト
イベント詳細ページ
お申し込みはこちらからどうぞ。

↑このページのトップヘ