カテゴリ: 暴追

おつかい係です。

先日少しご紹介しました映画「ヤクザと憲法」のチラシデータをいただきましたので、公開します。

この映画は、今年3月30日に東海テレビで放送され反響を呼んだ同名のドキュメンタリー番組の劇場版になります。あのドキュメンタリーがパワーアップして帰ってくるのですね。

年明け2016年1月2日(土)より「ポレポレ東中野」にて正月ロードショーとのことです!

正月の楽しみが増えましたね(^^)

『ヤクザと憲法』フライヤー表

『ヤクザと憲法』フライヤー裏

PDFはこちら

宮崎学である。

長崎の友人から届いた手紙をそのまま転載する。

日本の暴対法の盲点をついて、海外のアウトローが日本で暗躍しているのに日本政府
が取り締まれないことに対する怒りの告発である。


[wc_row][wc_column size="one-half" position="first"]

[caption id="attachment_1902" align="alignnone" width="150"]1 1[/caption]

[/wc_column][wc_column size="one-half" position="last"]

[caption id="attachment_1903" align="alignnone" width="150"]2 2[/caption]

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size="one-half" position="first"]

[caption id="attachment_1904" align="alignnone" width="150"]3 3[/caption]

[/wc_column][wc_column size="one-half" position="last"]

[caption id="attachment_1905" align="alignnone" width="150"]4 4[/caption]

[/wc_column][/wc_row]

こうなることは、1992年の暴対法施行の時からわかっていたが、どんどん現実に
なってきている。

万能の法律などないが、暴対法は悪法でしかない。

チャイニーズマフィアの抬頭を取材した報道もあるな。
"アウトレイジ化"する在日中国人が池袋で台頭 - DMMニュース

さて、これからどうなるのか。

手紙はまだまだあるので、後日アップする。

 

2014年11月10日 宮崎学

おつかい係です。
[caption id="attachment_1632" align="aligncenter" width="213"]冤罪・警察不祥事と暴対法 (おかしいぞ! 暴力団対策) 冤罪・警察不祥事と暴対法 (おかしいぞ! 暴力団対策)[/caption]
ブックレットももう5冊目なんですね(^-^)

今回も読みごたえたっぷりです!

 既報のとおり2012年7月26日、改定暴対法が成立した。
 ずっと反対してきたが、本日改めて「〈暴力団排除条例〉の廃止を求め〈暴対法改定〉に反対する表現者の共同声明」賛同者一同とともに抗議声明を発表する。
 海外のメディア用に英文と中文も併せて掲載する。

2012年8月20日
宮崎学



我々は暴対法改定成立を認めない

二〇一二年・平成二四年七月二六日、暴対法改定案は衆議院本会議で「起立多数」により可決された。参議院先議のこの法案は、すでに六月二〇日参議院本会議で同じく多数決により可決済みであったから、これで法案は正式に成立したことになる。
私たちはこの結末をとうてい容認することはできない。
権力者たちは成立した法律やすでにある暴排条例を使って、国民のあいだに恣意的な線引きを行い、自らは高みに立って「排除社会」を既成事実として積み重ねようとするだろう。自由な表現に対する乱暴かつ具体的な介入は既に始まっている。
だが、私たちは屈するものではない。私たちは自由な表現が存在してこそ自らの存在を確認できる者だからだ。萎縮すること、自粛することこそ自らの存在を自ら否定することになると確信するからだ。
かねて私たち表現者は、暴対法のさらなる改定が、表現の自由、報道の自由、通信の自由、結社の自由などの国民の基本的権利を危機におとしめるものとして、二〇一二年・平成二四年一月二四日、「〈暴力団排除条例〉の廃止を求め〈暴対法改定〉に反対する表現者の共同声明」を発表し、世論の喚起と国会議員に対する説得・要請行動を行ってきた。その結果、「共同声明」発表に呼応するように、多くの弁護士たちが暴対法の改定に「反対」の意志を表明し、それは全国一五二名に及んでおり、その輪は成立後の現在でも広がりつつある。
また、多くの表現者、法曹関係者たちの協力で、ブックレットシリーズ「おかしいぞ!暴力団対策」が発行され、大きな反響をよんだ。シリーズ①『あえて暴力団排除に反対する』は五回の増刷を重ねた。シリーズ①②③の合計二万余の読者は、今後、権力者たちの乱暴な人権弾圧や、憲法上の自由を侵害することに対して有力な監視者となり告発者となるだろう。国会審議の過程では、社民党が公党として反対の意思表明をし、さらに改定法が成立した際の運用にあたっては人権に「配慮」する付帯決議をつけるよう尽力した。その方向で行動した無所属議員も少なくない。これは二〇年前、暴対法が「全会一致」で成立したことを想起すれば明らかな変化である。
また、この国会審議に合わせて、五月三一日、六月一四日の二回にわたって院内集会「暴対法改定に異議あり」が開催された。ここには、表現者ばかりでなく幾つかの労働組合が参加し、労働現場や福祉などの現場に警察の天下りが増えている実情を訴えた。ここには国会議員も多数かけつけて参加者を激励した。
このように、「共同声明」発表以後の半年間、各方面で重要な変化があった。私たちはこうした変化に注目したい。新たに誕生しつつある抵抗の芽を守りたい。互いに助け合い、協力していきたいと希求するものである。また、警察権力による無謀な抑圧に対する対策として、電話による相談窓口を設けるなど、今後も具体性を持って徹底抗戦を続ける意志を示すものである。

二〇一二年・平成二四年八月二〇日

〈暴力団排除条例〉の廃止を求め〈暴対法改定〉に反対する表現者の共同声明
賛同者一同



Protest against the passing of the bill of the Revised Anti-Organized Crime Law.

On July 26, 2012,the Revised Anti-Organized Crime Law (“Botai-ho”) passed the Lower House plenary session by a “majority standing vote”, thereby formally enacting the bill as it had already been passed the Upper House plenary session on June 20, 2012.
We hereby state our strong objection to this outcome.
Our primary misgiving is already a reality, in that the same power that enacted the revised law is already infringing the freedom of expression through combination with existing anti-gang ordinances. It is highly likely that they will further introduce arbitrary dividing lines among the people of this country to build an “exclusionary society” as fait accompli.
We cannot succumb to this recent enactment of Botaiho without public protest, because our raison d'etre as citizens is synonymous with the right to freely express our beliefs. Being daunted by a threat from the law enforcement and indulging in self-censorship would only lead to self-defeating consequences.
On January 24, 2012, we issued the “Joint Statement Seeking Abolition of ‘Organized Crime Exclusion Ordinances’ And Protesting Against Revision to Anti-Boryokudan Law” in an attempt to prevent the proposed revision to the Botai-ho from endangering the people’s fundamental constitutional rights including the freedom of expression, freedom of press, freedom of communications, and freedom of association. Ever since then, we have been working to arouse public opinion and persuading members of the Diet that the passage of the bill of the revised Anti-Organized Crime Law should be blocked.
As a direct consequence of our issuing the abovementioned “Joint Statement”, numerous lawyers openly displayed their opposition to the revision to the Botai-ho; quickly reaching 152 public protests nationwide, and still picking up momentum even after the bill passed the Lower House.
As part of the opposition campaign, a booklet series titled “Suspicious! ‘Implementation of Organized Crime Control’” was published under the auspices of many legal professionals and concerned citizens, receiving great feedback from readers. The first booklet in the series, “Daring To Object To The Exclusion of Boryokudan”, has already seen its fifth reprint to date. The 20,000-strong readers of the first three booklets are expected to play a critical role in keeping watch and voicing objections against the infringement of human rights and violations of our constitutional freedoms by the authorities.
In the process of the Diet deliberations on the revision to the Botai-ho, the Social Democratic Party (SDP), the only party that declared itself to be against the bill, made great efforts to include a supplementary resolution to ‘give extra consideration’ to the human rights in anticipation of the enactment of the revised law. Many who acted in concert with the SDP were independent Diet members. This wave of opposition was an appreciable change from 20 years ago when the original Botai-ho bill was passed ‘unanimously’.
In conjunction with proceedings in the Diet, parliamentary rally calling for “Raising an Objection to the Revision to the Botai-ho” was held twice on May 31 and June 14, 2012. Participants in the rallies included not only writers, artists, performers and the like but also members of several labor unions, who reported that the number of retired police officers securing employment at worksites, welfare-related institutions and the like through Amakudari (golden parachute) is on the increase. Also a number of Diet lawmakers took part in these rallies and offered words of encouragement to other participants.
Thus, there were important changes in various circles during the six months since the issuance of our first “Joint Statement”. Our intent is to nurture these seedlings of protest, and to stand up for the burgeoning wave of resistance and to help and cooperate with each other.
And taking this opportunity, we pledge our continued endeavor to oppose the reckless oppression by the law enforcement authorities, through tangible measures including consultation service through telephone.

August 20, 2012

The above statement has been endorsed by the same people as those who endorsed the “Joint Statement Seeking Abolition of ‘Organized Crime Exclusion Ordinances’ And Protesting Against Revision to Anti-Boryokudan Law” issued on January 24, 2012.




我们不承认暴对法修正案成立

二〇一二年七月二六日,暴对法修正案在众议院总会上以“多数起立”被通过了。参议院优先审议的这项法案已于六月二〇日的参议院总会上同样以多数表决被通过,由此,法案正式成立了。
我们无论如何也不能接受这个结果。
当权者们是要利用成立的法律和既有的排暴条例,在国民当中恣意设定条条框框,而自己居高临下地把“排除社会”搞成既成事实吧。对自由表现的粗暴且具体的介入已经开始了。
但是,我们不会屈服。因为我们只有靠自由的表现才能确认自身的存在。我们坚信,萎缩和自我克制是自己否定自己的行为。
一直以来,我们表现者认为暴对法的进一步修正是把表现的自由、报道的自由、通信的自由、结社的自由等国民的基本权利置于危机的行为,二〇一二年一月二四日,我们发表了名为《要求废止〈暴力团排除条例〉、反对〈暴对法修正〉的表现者的共同声明》,展开了呼吁舆论关注、说服国会议员的行动。
结果,响应《共同声明》的发表,众多律师们对暴对法的修正表明了“反对”的态度。表明态度的律师在全国共达一五二名,在成立后的现在,其阵容还在不断扩大。
而且,在众多表现者、法律界人士的协力之下,系列小册子《荒唐无稽!暴力团对策》得以发行,获得了巨大的反响。系列①《就是要反对暴力团排除》增印了五次。系列①②③的读者合计二万多名,他们今后会成为强有力的监视者和告发者,对当权者们粗暴的人权镇压和侵害宪法规定的自由的行为加以监视和告发吧。
在国会审议的过程中,社民党作为公开政党表明了反对的态度,而且对于修正法成立后的运用,竭力要求加上“考虑”到人权的附带决议。作出同样行动的无所属议员也为数不少。想起二〇年前暴对法“全会一致”通过的情形,现在明显发生了变化。
而且,配合国会审议,五月三一日、六月一四日召开了两次主题为 “对暴对法修正有异议”的院内集会。不仅表现者,几个工会也来参加,申诉了在劳动现场和福利等现场警察的强迫命令越来越多的实情。很多国会议员也赶来激励参加者。
像这样,《共同声明》发表后半年之间,各方面都发生了重要的变化。我们要注意到这些变化,要保护新生的抵抗萌芽,今后要继续互相帮助、互相协力。
而且,为了对抗警察当权的粗鲁压制,我们要开设电话咨询商谈窗口等,今后也要以具体行动彻底抗战下去。

《要求废止〈暴力团排除条例〉、反对〈暴对法修正〉的表现者的共同声明》
全体赞同者

出版関係者の間では既に知られた話であるが、一部の出版社が外注の編集者やライターたちに対して、このような「誓約」を強制し始めた。



表現の自由の抑圧を示す例である。
私が暴対法に反対したのは、こうした事態になることがわかっていたからだ。

問題は、署名捺印を強要されて食うために従うしかない末端のライターたちの存在である。

さらに、こうした抑圧は、いずれノンフィクションや文芸、映画、音楽などあらゆる表現の抑圧につながることは間違いない。

映画『ゴッド・ファーザー』の「愛のテーマ」も聴けなくなる日が来るのか。

2012年8月2日 宮崎学

↑このページのトップヘ